一眼レフカメラを覚えたい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんぽの宿について 

日本郵政公社が運営している簡易保険加入者福祉施設のうちで、宿泊できる保養施設・老人福祉施設が「かんぽの宿(かんぽのやど)」と呼ばれています。


種 類
簡易保険保養センター(保養施設)
利用については、一般のホテル・旅館と同じと考えていて問題ありません。
温泉・会議室・スポーツ施設などもあります。

簡易保険加入者ホーム(老人福祉施設)
「高齢加入者向け」となっていますけど、実際には高齢者でなくても利用できます。保養センターとほぼ同じです。
(ただし千葉県浦安市の終身利用型加入者ホーム(カーサ・デ・かんぽ)は別です。)

利用方法
ご利用は、簡易保険の加入者(契約者、被保険者、受取人)の方の利用が優先されますますが、加入者でない方もあまり気にしなくていいです。
管理人は、他のホテルが満室なのに、かんぽの宿が空いていて助かったことはたびたびあります。

簡易保険加入者の方:
簡易保険加入者の証明(かんぽの宿メンバーズカード、簡易保険の保険証書のコピーなど)が必要ですから、忘れずご用意ください。

簡易保険非加入者(一般の方):
満室でない場合に限り申し込み可能です。料金は簡易保険加入者の方の料金に加算料金が上乗せされます。料金は上乗せされても、一般ホテルよりは割安です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。